腸内環境とストレスは関係あるの?

憂鬱そうな女性

現代社会で生きるわたしたちは、何かとストレスを受けやすいもの。仕事だったりプライベートの人間関係だったり、原因はいろいろありますが、ストレスを受けない日はないと言っても過言ではないと思います。

そんなストレスと、腸内環境のあいだには密接なかかわりがあります。結論から言うと、ストレスを受けることでビフィズス菌などの善玉菌が減り、悪玉菌が増えます。それによって腸内フローラは乱れます。

またストレスは排便のメカニズムにも影響を与え、便秘になりやすい状態をつくってしまいます。便秘になれば腸内腐敗が起きて有害物質が増え、腸内環境はより悪化します。

ここではストレスと腸内環境の関係について、詳しく説明します。

ストレスで悪玉菌が増殖する

ストレスでなぜ腸内環境が乱れるのかというと、それは悪玉菌が増殖して、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が減るからです。

腸内細菌学の第一人者である東京大学名誉教授の光岡知足(みつおかともたり)さんの著書「人の健康は腸内細菌で決まる!」には、自衛隊のレンジャー部隊の青年たちの例が載っています。

それによれば、訓練を受ける前はほかの青年と変わらない良好な腸内環境だった隊員たちが訓練を終えると、老人と同じくらいに悪玉菌が優勢な状態になってしまっていたとのことです。

そのあいだの日数は、たったの2週間。そのくらい短い期間でも、強いストレスを受けることで善玉菌は減り、かわりに悪玉菌が増え、腸内フローラは見事に悪化してしまうのです。

悪玉菌が増える要因はほかにも「加齢」「乱れた食生活」などがありますが、ストレスという目に見えないけれど確実に存在するものによって、腸内環境は大きく影響を受けるということは、認識しておく必要があるでしょう。

毎日ヨーグルトを食べたり、生活習慣を整えたりするだけでなく、ストレスについても意識していく必要があるのです。

便秘が起きやすくなる

ストレスはまた、排便にも影響を与えます。ぜんどう運動などの腸の動きは、本人の意思に関係なくカラダの動きをコントロールする「自律神経」のうち、リラックス時に優位になる「副交感神経」が担当しています。

副交感神経と対をなすのが「交感神経」で、この2つの自律神経は交互に強弱を入れ替えながら、バランスを保って作用しています。

どちらもきちんと作用したうえで、興奮時には交感神経が、リラックス時には副交感神経が優位になることでカラダの動きをコントロールするのですが、この自律神経が乱れるとカラダの各器官の働きが変化します。

特に影響を受けるのが胃腸です。ストレスを強く受けて自律神経が乱れると、ぜんどう運動が鈍って便秘になりやすくなったり、反対に過活動状態になり下痢になりやすくなったりします。

便秘になると、当然ながら腸内環境は乱れます。ウンチが腸内にとどまることで悪玉菌が増殖して、腸内フローラが乱れるからです。

便が滞留すると良いことがありません。腸内環境は乱れますし、腸内の有害物質が増えて、それが便やおならを臭くしたり、肌荒れや体臭、口臭の原因になったりします。

ストレスケアをおこなうことは、腸内環境を整えることにつながり、ひいては便秘や肌トラブル解消、体臭や口臭の予防にも影響を与えるのです。ストレス対策はとても大事なのです。

ストレスで下痢になることもある

上記で説明したように、ストレスによって自律神経が乱れて、便秘になったり下痢になったりすることがあります。原因は同じでも、便秘は女性、下痢は男性に多いようです。

ストレスによって腸の動きが悪くなったり、腸の一部がしまった形になったりすることで便秘になります。反対に、腸がギューッとウンチを絞り出すような状態になると下痢になります。

わたし自身、ストレスによって下痢になることがたまにあります。ヨーグルトを食べたり、乳酸菌サプリを摂ったりして腸内環境が良好になっているときは問題ないのですが、抗生物質を飲んでいたときはひどい状態でした。

抗生物質によって腸内フローラが乱れていたところに、職場の環境が変わったことで強いストレスが加わり、その2つが重なって下痢の症状が出たのだと思います。

このように、ストレスは便秘や下痢などの不快な症状を引き起こしますし、腸内フローラを乱して健康を害するおそれがあります。ストレスと腸内環境には、強い関係があるのです。

日ごろからストレスに対する意識を高めて、ケアしていくようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ