便秘解消にいちばん効くヨーグルトはどれ?

ヨーグルト

昔からお腹の調子を整えるためにはヨーグルトを食べるのが良いと言われています。起源としては、ロシアのメチニコフという生物学者が20世紀初頭に出した「長寿の研究」だと考えられています。

そのなかでメチニコフは、長寿の多いブルガリア人がヨーグルトを常食していることに目をつけて、乳酸菌が含まれるヨーグルトを食べることで、腸内環境が改善できるという仮説を説きました。

なぜヨーグルトがお腹の調子を整えるのかというと、乳酸菌による発酵を経てつくられる発酵食品だからです。

乳酸菌には広義ではビフィズス菌も含まれ、ビフィドバクテリウム属やラクトバチルス属などのいわゆる善玉菌が、腸内で乳酸や酢酸を産生したり、ビタミンB群などを合成したりすることで整腸作用を実感できます。

より具体的にいえば、乳酸や酢酸などは酪酸やプロピオン酸などの有機酸にかわり、酢酸・酪酸・プロピオン酸が悪玉菌を抑えたり、悪玉菌のつくる有害物質を抑えたりします。

それによって腸内フローラ(腸内環境)が改善されて、お腹の調子が整えられると考えられています。悪玉菌は有害物質を発生させて腸内腐敗を起こしますが、それが腸の動きを悪くするからです。

また、有機酸によって腸管が適度な刺激を受けることで、腸のぜんどう運動が促進されるということも、ヨーグルトを食べることによる効果だといえます。

ぜんどう運動とは便を排出しようとする腸の働きで、自律神経が大きく関わっています。ストレスなどが原因で自律神経が乱れて、ぜんどう運動がうまく働かないと、便秘になりやすくなります。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内で活動することによって有機酸がつくられて、そのぜんどう運動が促進されることで、お腹の調子が整えられるというわけです。

便秘にはどのヨーグルトが良いのか?

便秘に効くヨーグルトというのは、基本的に乳酸菌を多く含んだヨーグルトです。ヨーグルトにはおもにサーモフィラス菌やブルガリア菌などが含まれますが、そのほかにもビフィズス菌を配合したものなどもあります。

いまはいろいろな種類の乳酸菌を含んだヨーグルトが、たくさんの会社で製造・販売されています。そのなかで効果的なものを見分けるには、パッケージに書いてある表記を見るのがいちばん良いです。

具体的には、「プロバイオティクス」「生きたまま腸まで届く」「特定保健用食品(トクホ)」などの文言が書かれているヨーグルトを選ぶのが良いと思います。

プロバイオティクスというのは、人体に良い影響をもたらす生きた微生物で、安価で安全なものを指します。つまり乳酸菌やビフィズス菌ですね。これは生きたまま腸まで届くことをあらわしているので、整腸に有効だと考えられます。

また、消費者庁長官の許可を得ていなければ表示できない特定保健用食品(トクホ)のマークがついているものであれば、整腸作用を期待できるはずです。

トクホは特定の効果が科学的に証明されていることを、国が確認している食品なので、いわゆる国のお墨付きのヨーグルトということになります。

許可表示内容として「腸内環境を整える」「お腹の調子を整える」などと書かれているはずですので、そういった表記やトクホマークを参考にしてヨーグルトを選んでください。

効くヨーグルトは人それぞれ

ここまでヨーグルトの効果と、どのヨーグルトを選ぶべきかということを説明しましたが、実際にはどの人にも同じように整腸作用があらわれるというわけではありません。

腸内フローラ、つまり腸内細菌の生態系は人それぞれ異なるため、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類によって、合う合わないというのが必ず出てきます。万人に合うヨーグルトはないかもしれません。

また生活習慣など、ヨーグルト以外に実践している腸内環境の改善法、ふだんの生活内容にとっても効果のあらわれ方は違います。

そのなかで自分に合うヨーグルトを見つけるには、2週間おきくらいに別のヨーグルトを試してみて、便通が改善されたとか、ウンチの色や形、硬さが良くなったとか、そういったヒントをもとに自分に合うものを見つける努力をすることです。

自分で説明しておきながら、わたし自身は「そんなの面倒くさい」と思うのですが(笑)、ひどい便秘に苦しんでいる場合など、なんとしてもお腹の調子を整えたいと考える場合には、必要なことであるとも思います。

ちなみに、わたしが現在食べているのは森永乳業の「ビヒダスBB536 プレーンヨーグルト」と、小岩井乳業の「小岩井 生乳(なまにゅう)100%ヨーグルト」です。

参考 : 善玉菌を増やすヨーグルトとサプリ

どの人にも効く、便秘を解消するヨーグルトというのはないかもしれませんが、自分に合うヨーグルトなら探せば見つかると思います。面倒ですが、いちど見つければあとは続けて食べるだけですので、がんばりましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ