なぜ抗生物質を飲むと腸内環境が悪化するの?

看護師の女性

腸内環境を整えるには、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす必要があります。善玉菌を増やすことで腸内フローラが改善されて、乳酸や酢酸、プロピオン酸、酪酸などの産生による悪玉菌の増殖抑制がなされます。

生きたまま腸まで届き、人体にとって有益な働きをする微生物のことを「プロバイオティクス」といいますが、その反対の概念として、「アンチバイオティクス」(抗生物質)があります。

抗生物質は有害な真菌などを殺菌することで、カラダに出る不快な症状を抑える作用がありますが、副作用もあります。その副作用とは、有益な善玉菌も殺菌してしまうということです。

腸内環境と抗生物質」でも説明したように、抗生物質は善玉菌と悪玉菌を区別しませんので、抑えたい症状の原因となる細菌だけでなく、有益なはずのビフィズス菌なども減らしてしまうと考えられます。

それによって腸内細菌のバランスが崩れて、腸内環境が悪化してしまい、軟便や下痢を引き起こす可能性があるのです。

下痢になる理由

わたしは頭皮の湿疹を抑えるためにミノサイクリンという抗生物質を服用していますが、服用中には軟便もしくは下痢になることが多いように感じます。

これは、下痢を引き起こす病原菌などが増殖したためだと考えられます。

なぜ病原菌が増殖するのかというと、上記で説明したように、抗生物質がビフィズス菌などの腸内環境を整えたり免疫力を向上させたりする善玉菌を減らしてしまうからです。

善玉菌の働きによってクロストリジウムや大腸菌などの有害な菌の働きが抑えられていたのが、抗生物質の服用によって善玉菌が減ることで、悪玉菌の抑制が効かなくなり増殖をゆるしてしまうためです。

これを「菌交代症」といいます。

ビフィドバクテリウム属やラクトバチルス属などの有益な菌が減り、かわりにウェルシュ菌や大腸菌などの有害な菌が増えて、腸内環境が悪化してしまうという現象です。

抗生物質を服用すると下痢になるというのは、腹痛やトイレへ行く回数の増加など表面的な問題もありますが、その裏側では腸内フローラが乱れているという重大な問題が起きていることも認識しておくべきでしょう。

腸内フローラが乱れることで免疫力が低下して、病原菌の抑制作用が弱まり、結果として下痢以外の別の症状が出てくるという可能性も否定できません。抗生物質の服用は一時的なものとして、最小限にとどめることが大事です。

整腸剤を一緒に摂る

抗生物質を服用するときは、プロバイオティクスを実践することが大事です。ビフィズス菌や乳酸菌などの有用な菌を一緒に摂取することで、腸内フローラが乱れるのを防げる可能性があります。

これはわたしが勘違いしていた部分なのですが、つい先ほど書いた「『ビフィズス菌 LKM512 顆粒タイプ』の摂取スタート」のなかで、抗生物質と善玉菌を同時に摂るべきでないという考えを述べました。

しかし、抗生物質の服用による腸内環境の悪化や、それによる病原菌などの有害な菌の増殖を抑えるには、プロバイオティクス食品や乳酸菌サプリなどの整腸剤を一緒に摂るべきであるようです。

そうすることで、抗生物質の服用による副作用である、腸内フローラの乱れや病原菌の増殖、腹痛などをある程度抑えることができるかもしれないようなのです。

ヨーグルトや乳酸菌飲料、乳酸菌サプリなどのプロバイオティクス、そしてプレバイオティクスであるフラクトオリゴ糖やガラクトオリゴ糖などのオリゴ糖、イヌリンや難消化性デキストリンなどの食物繊維も摂るのがベストです。

善玉菌を摂りいれるためのプロバイオティクス、善玉菌を増やすためのプレバイオティクスを抗生物質の服用期間に同時に摂ることで、腸内細菌のバランスが崩れない効果を期待できます。

抗生物質はできれば服用したくないものですが、もし服用する必要が生じた場合には、整腸剤も一緒に服用するように意識しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ