【LKM512 顆粒タイプ】便の性状が改善された(37日目)

OKサイン

メイトーのビフィズス菌サプリ「LKM512 顆粒タイプ」の摂取をはじめて、今日で37日目です。今月12日に1箱分を飲み終えたので、最初の1か月で2日間の飲み忘れが発生したようです。仕方ないよね、人間だもの。

さて、摂取から1か月と1週間を経過して、わたしのカラダに何らかの変化が訪れたのかを確認しようと思います。

ただ、いま気づきましたが、商品に同梱されていた「おなかイキイキ チェックノート」への記入を忘れていました。やっちまったぜ…。というわけで、うろ覚えの記憶を頼りに、振り返りたいと思います。

37日間のお腹の変化

ビフィズス菌は腸内細菌のなかで善玉菌に区分されるもので、お腹の調子を整える働きがあります。具体的には、オリゴ糖を分解して乳酸や酢酸をつくり、それが腸を刺激してぜんどう運動をうながします。

ぜんどう運動が適度に活発になれば、便秘になる可能性が小さくなり、便秘によって起こる腸内の腐敗が防がれます。

また、免疫細胞と結合することで免疫細胞を活性化して、風邪やインフルエンザなどの症状を緩和したり、予防したりする効果もあります。

こんなメリットがあるビフィズス菌のなかで、胃酸に強くほとんどが生きたまま腸まで届く、さらに腸内で増殖し、ポリアミンという善玉物質もつくるという「LKM512」のサプリを摂りました。

結果からいうと、便秘や下痢になることはほとんどなく、また便の質も良いものになったと感じています。

というと抽象的かつ主観的な判断に感じるかもしれません。実際にそういう部分があるのは否定できませんが、飲みはじめる前と同じく快便であり、また便の性状(色や形、硬さやニオイ)はハッキリ改善されています

むかしは黒くて硬いウンチや、臭いウンチ、やわらかめのウンチなどが出ることがたまにありましたが、最近は安定的に明るめの茶色で、バナナ状の形、ほど良い硬さで、そしてあまり臭くないウンチが出ます。

仕事によるストレスが強くなったときには下痢になることもありましたが、基本的には、ほど良い水分量の色も形も良い便が出ていました。これは非常に良いことだと喜んでいます(笑)。

まだ1か月なので総合的な判断はさし控えますが、かなり腸内環境は改善されているのではないかと感じています。

脂漏性湿疹は悪化と改善を繰り返す

わたしの悩みのタネである脂漏性湿疹。腸内環境を改善して免疫細胞が活性化されることで、皮膚の常在菌が悪さをすることで発症するこの症状も、すこしラクになるのではないかと期待しています。

しかし、いまのところは改善の傾向は見られていません。実際のところは一進一退という感じで、2週間くらいかけて良くなっては、また悪化する、という状態を繰り返しているように思います。

主観としては、効果があるのではないかと感じています。ただ、睡眠不足という問題が症状緩和をジャマしているのかもしれません。

きちんと12時前に就寝することを意識していたときはハッキリ改善されてきていたように感じますし、また1時や2時など就寝が遅い日が続いたときには例外なく悪化しています。

腸内環境を整えるために乳酸菌サプリを摂取しても、生活習慣が荒れていては効果は限定的になるというよい例ではないでしょうか。悔い改めたいと思います。

花粉症の症状が軽減されている気がする

わたしは北海道札幌市に住んでおり、毎年5~6月ごろに花粉症の症状が出ます。なに花粉に反応しているのかはわかりませんが、高校生のころに発症してから、毎年ひどくなっている気がします。

しかし、今年はいまのところ、そこまで酷い症状は出ていません。

以前は、1度クシャミが出たら止まらず、何度も連続してクシャミをするので仕事や家事ができない、ということが1日に何度も起きていましたが、今年はクシャミの連続回数も、頻度も軽減されています

ビフィドバクテリウム・アニマリス・亜種ラクティス・LKM512(LKM512の正式名称)に花粉症の症状を緩和する効果があるという研究データは見つけられていませんが、もしかしたら効果があるのかもしれません。

どちらかというと、継続して食べている森永の「ビヒダスBB536 プレーンヨーグルト」の効果かもしれません。

実際、このヨーグルトに含まれている「ビフィドバクテリウム・ロンガム・BB536」には、花粉症を軽減する効果があることが臨床試験によって認められているので、きっとそちらの恩恵なのだと思います。

参考 : 抗アレルギー作用 | ビフィズス菌研究所

なんにせよ、自分のカラダに関する悩みが減っていくというのは嬉しいことですね。

主観的な内容の多い報告になりましたが、実感することで自信やプラシーボ効果を得られて、それによって実際に改善につながる可能性もあると思います。とりあえずあと2か月ほど、LKM512の摂取を続けていこうと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ