腸内細菌の種類と働き

お腹

腸内環境について考えるときに、ハズせないのが腸内細菌の存在です。腸内細菌にはいろいろな種類があり、ひとりに人間のカラダのなかに約1,000種類、約100兆個も存在するとされています。

腸内細菌には、カラダに良い働きをする「善玉菌」、有害な作用をもつ「悪玉菌」、状況によって良くも悪くもなる「日和見菌」(ひよりみきん)という3つのグループがあります。

これらの細菌による生態系を顕微鏡で見ると、キレイなお花畑のように整然としており、花の女神フローラの名前をとって「腸内フローラ」または「腸内細菌叢」(ちょうないさいきんそう)と呼びます。

細菌たちは常に勢力争いをしており、善玉菌が多くなれば腸内環境は良くなり、悪玉菌が多くなれば腸内環境は悪化します。

日和見菌は優勢なほうの味方になるので、腸内細菌のバランスを整えて腸内環境を良好に保つためには、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことがとても大事です。

ここでは、善玉菌や悪玉菌、そしてまだ解明されていない部分の多い日和見菌について、それぞれの種類と効果を説明します。

腸内環境と密接な関係がある

腸内細菌は、腸内環境と非常に強い結びつきがあります。たとえばビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、消化吸収を助けたり、便通を改善したり、免疫力をアップさせたりします。

反対に、悪玉菌は食べ物カスを腐敗させて有害物質やガスを発生させます。有害物質が血液をとおって全身をめぐると、体臭や口臭、肌荒れなどの不快な症状を引き起こすおそれがあります。

また、便やおならの臭いも強くなりますし、ガスが多くなればいわゆるガス腹の状態になり、腹部膨満感を感じることになります。

このように、腸内細菌は腸内環境と強い結びつきがあり、それがカラダ全体へと波及していきます。健康と美容を考えるうえで、腸内細菌をコントロールすることはとても大事なのです。

善玉菌の種類

人体に良い影響をあたえる善玉菌には、おもに「ビフィズス菌」と「乳酸菌」があります。この2つは乳酸菌としてひとまとめにされることもありますが、定義上も分類学上も別物です。

ビフィズス菌とは、ビフィドバクテリウム(Bifidobacterium)属に属する細菌の総称で、人間の腸内では以下の種類が見つかっています。

  • ビフィドバクテリウム・ビフィダム(B. bifidum)
  • ビフィドバクテリウム・ブレーベ(B. breve)
  • ビフィドバクテリウム・インファンティス(B. longum subsp. infantis)
  • ビフィドバクテリウム・ロンガム(B. longum)
  • ビフィドバクテリウム・アドレッセンティス(B. adolescentis)
  • ビフィドバクテリウム・カテニュレイタム(B. catenulatum)
  • ビフィドバクテリウム・シュードカテニュレイタム(B. pseudocatenulatum)

ビフィドバクテリウムが属名で、その次のビフィダムなどが種名です。さらにその下に株名がつくこともあります。菌種は同じでも、菌株が異なると性質が違うとされており、菌株ごとの効能が研究されています。

ビフィズス菌は偏性嫌気性菌といって、酸素のある環境では生息できません。また酸に弱く、食べ物などからとりいれても、胃酸や胆汁酸によって死滅してしまうとされています。

しかし、なかには胃酸などに強い性質の菌株もあり、そういった菌株をつかったヨーグルトやサプリメントなども製造・販売されています。

乳酸菌はビフィズス菌よりも種類が多く「ラクトバチルス属」「ラクトコッカス属」「エンテロコッカス属」「ストレプトコッカス属」などいろいろな菌属、そしてその下に枝分かれした菌種が見つかっています。

一般的にヨーグルトの発酵につかわれるのはストレプトコッカス属の「サーモフィラス菌」や、ラクトバチルス属の「ブルガリア菌」ですが、いまはいろいろな乳酸菌をつかった様々な商品が出ています。

ビフィズス菌も乳酸菌も、糖を分解して有機酸をつくりだします。その酸が、酸に弱い悪玉菌の増殖を抑え、それにともなう有害物質の産生も抑えることで、腸内環境が良くなります。

また、酸が腸を刺激することで「ぜんどう運動」が促進されて、排便がスムーズになるという効果も期待できます。これらの作用が、ビフィズス菌や乳酸菌が善玉菌と呼ばれる理由です。

ビフィズス菌は乳酸と酢酸を産生する「ヘテロ乳酸菌」、乳酸菌は乳酸のみを産生する「ホモ乳酸菌」と呼ばれます。

定義上は、その代謝産物の50%以上が乳酸である細菌を乳酸菌と呼びますが、ビフィズス菌は乳酸だけでなく酢酸も産生するため、厳密には乳酸菌とは呼ばないということになります。

※ ビフィズス菌のうち「カテニュレイタム」と「シュードカテニュレイタム」については、2008年ごろの古い論文にしかその名前を見つけることができませんでした。もしかしたら間違っているかもしれません。

悪玉菌と日和見菌の種類

悪玉菌は人体にとって有害なものと考えられていますが、実際には通常の環境下では悪さをしないものも多くあります。

そのため日和見菌との区別がむずかしかったり、また日和見菌の大部分が解明されていなかったりするという理由で、悪玉菌と日和見菌の働きをきちんと説明することは困難なようです。

一般的には、クロストリジウム属やエシェリキア属に属する細菌を悪玉菌と呼びます。

悪玉菌の代表格であるウェルシュ菌(クロストリジウム・パーフリンゲンス)などは、未消化のタンパク質を分解して有害物質を発生させて、腸内環境を悪化させます。

それによって、便やおならが臭くなったり、免疫力が低下したりします。

日和見菌の代表格は「バクテロイデス属」で、腸内細菌のなかでもっとも大きなグループです。通常は有害な働きはしませんが、特定の環境下では悪玉菌のような働きをするとされています。

日和見菌は、成人の腸において、腸内細菌の約70%をしめるとされていますが、その実態はあまり解明されていません。

それはともかくとして、腸内細菌の数は約100兆個が上限だろうと考えられており、加齢やストレス、食生活などによって善玉菌や悪玉菌の割合は日々変化しています。

数日から10日くらいの期間で便と一緒に排出されて、残った腸内細菌が分解・増殖するという一連の流れのなかで、善玉菌の割合をいかに増やすかということが、腸内環境の改善に大きく影響するのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ