乳酸菌サプリとオリゴ糖を摂ること
そして生活習慣を整えることが大事

最新情報

スムーズな排便を助ける前傾姿勢のコツ

トイレでリラックス

トイレでスムーズに排便するためのコツを説明します。大事なのは前傾姿勢をとって、直腸から肛門までの角度をひろげること。そして、リラックスして副交感神経を優位にすることです。

ビオチンを食べるビフィズス菌と乳酸菌

食べかけ

ビオチンを食べる乳酸菌とビフィズス菌を紹介しています。皮膚の形成に必要な成分であるビオチンが不足しないように、ビフィズス菌サプリや乳酸菌整腸剤に、ビオチンを消費する菌が含まれていないか確認しましょう。

プラズマ乳酸菌の効果と免疫細胞活性化のしくみ

笑顔の女医

プラズマ乳酸菌とは何か、ということを説明しています。プラズマ乳酸菌の効果としては、免疫細胞の司令塔である樹状細胞を活性化することで、風邪やインフルエンザのような症状を軽減するということがあげられます。

【LKM512】頭皮の湿疹の状態が良いのは免疫力がアップしたから?(76日目)

ジャンプする女性

ビフィズス菌サプリのLKM512の摂取日誌です。摂りはじめてから2ヶ月半が経過して、やっと免疫力アップの効果を実感しつつあります。花粉症の症状も軽くなっていたので、腸内環境は改善されているようです。

腸内環境についてのテレビ番組が放送されるよ

テレビを見る女性

腸内環境についてのテレビ番組が放送されます。5月31日19時からTBSの「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」で、6月1日20時からテレビ東京の「主治医が見つかる診療所」で腸内細菌について取り上げられます。

【LKM512 顆粒タイプ】便の性状が改善された(37日目)

OKサイン

メイトーの「ビフィズス菌 LKM512 顆粒タイプ」を1か月間(37日間)摂取した結果、便の性状が改善されたり、花粉症の症状が緩和されたりしたように感じます。並行して摂っているBB536株配合のヨーグルトのおかげ?

乳酸菌とインフルエンザには関係があるの?

インフルエンザにかかった女性

乳酸菌とインフルエンザの関係について説明しています。L.カゼイ シロタ株、L-92乳酸菌、R-1乳酸菌などには、ナチュラル・キラー細胞(NK細胞)を活性化して、インフルエンザウイルスを減らす作用があります。

複数のちがう種類の乳酸菌をいちどに摂取してもいいの?

複数の乳酸菌

複数の異なる種類のビフィズス菌や乳酸菌を、同時に摂取しても問題はありません。腸内では多くの善玉菌のほか、日和見菌なども共生しています。ただ1日に大量に摂るよりも、毎日継続して摂ることが大事です。

腸内環境が改善されたのかをチェックする方法

LKM512入りのヨーグルト

腸内環境をチェックする方法を紹介しています。自分で毎日、ウンチの色や形、硬さ、大きさ、ニオイなどをチェックすることが大事。そのほかに、腸内フローラチェックという検査を受けるという手段もあります。

便秘解消にいちばん効くヨーグルトはどれ?

ヨーグルト

便秘に効くもっとも良いヨーグルトとは何なのか?ということを説明しています。結論は、万人に効くヨーグルトはないはずなので、自分の腸内環境に合うヨーグルトを探すことが大事である、ということになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ